相葉担の全力乃木坂ライブレポ

 

こんばんは。
さて、7月1日、乃木坂ライブ@神宮に行って参りました。即レポです。
若い女の子はいいですね、キラキラが止まらない。何かが放出されている感。浴びれて良かった。。
神宮球場の現場は初めてで、まず思ったのが、「ここで野球みるのいいなぁ」ということでした。
席が平らで選手を見やすそう!と思いました。ビールめっちゃ売れるだろうな〜とか。

天気はなんとこの梅雨時に晴れ。
この時点でなんだかこのライブ、凄くいいものなんじゃないかと予測しちゃってたんですけど!!
まー乃木坂、楽しかった。楽しませてくれました。
嵐のライブのような大掛かりな舞台装置も、気球も、トロッコの装飾も、ペンラの統制も無いわけですが、それ以上にみんなで作ってる感、参加している感が凄かったんです。
乃木坂の詩の時には、真紫になり、スカイダイビングでは真っ青になる。
手動でここまで揃うのは、凄いなぁと感心しました。そう。
今日、この場で特記したい事は、

"乃木坂ファンのレベルの高さ"

です。
メンバーのことは各々のファンの方たちでこう語り合ってくださればよくて、わたしが言いたいのは、イチアイドルファンとしてみた、乃木坂ファンのこと。

声かけがすごいんですよ。
ライブが始まる前から、メンバーの名前を叫びまくり。
MCしても叫び、なんなら曲中にもモニターに抜かれると叫ぶ。

"超絶可愛い、まいやーーーん!!"

また男の人の声だから響く響く。
この熱気感は女子には出せないよな〜と、敗北感でいっぱいになりました。ジャニオタには"キャー"がありますけどね、それよりあの名前を呼ぶ感じ。それがまた本人に届くことが普通な感じ。羨ましくて仕方なかった。
ジャニーズのライブでは、声かけはあまり良しとされませんよね。
メンバーの声が聞こえなくなるからっていうのが一番の理由なんだと思います。けど、この現場では、声をかけてくれて、ありがとうなんですよ。
わたしも相葉くんに愛を叫びたい。ありがとうを伝えたい。
"まさきぃいいいーー!!!"
現場の違いは文化の違い。

そこでね、一つエピソードを話すと、
この日はMUSIC DAYの中継が入ることになっていて、ライブでいうと本編がおわりアンコールで出てきて、中継となったんですが。
岩本アナが呼びかけるんですよ。
「すみませーん。日本テレビアナウンサー 岩本乃蒼です。」
その瞬間。


"のあちゃーーーーーーん"
"いわもとおぉぉぉぉぉおおお"
"のあぁあぁあ、ぁぁああ"


あまりの歓迎に岩本アナも、いやいや、という表情で、驚きを隠せない!という風でした。
ここまででも十分驚きなんですが、

岩本アナ「会場のみなさん。司会の櫻井さん、また幕張メッセにいる方々にも、この熱気を伝えましょう!」

"翔くぅぅぅうううぅぅうーーーーーーん⤴︎⤴︎⤴︎"
"しょおおおぉぉぉぉおーーーーー"


まさかの展開。
乃木坂のファンってかオタ達が。
真後ろで翔コール。

思わずわたしも"しょうちゃーーーん"と叫んでしまいました。。笑


このあたたかさ、というか順応性というか。スキルの高さ。
アイドルを応援するという面において、プロだな。と感じた場面でした。

曲はもう、秋元先生が素晴らしいものを生み出しているから、言うことなしなんですけども。
野外の空気感と前記したファンの方の熱意。
総合して、本当にとってもいいライブでありました。

また、3期生がかーっわいい。
つらい!かわいい!
三番目の風、たまらん!(語彙力)

あと圧倒的なまいやん(白石麻衣)とあしゅ(齋藤飛鳥)との可愛さ、顔の整い加減、アイドル性。
同じ性別とは思えない。
最高だった。


今年は嵐の現場に入りたい。
狙うは札幌。

いやね、自担スライドという名を掲げた以上、相葉雅紀に触れないと話終われないんですけど!
あゆはぴのライブの完成度やっぱ高くないか?
DRIVEで力尽きて全然書ききれてないんだけどね!あゆはぴ大好きなんだわ。一つの映像作品として、最高。
乃木坂ライブ中、席がサイリウムで一面一色になる瞬間に思ったのは、あぁ、家帰ってDRIVEみよ。ということでした。あの映像は本当に素晴らしい。。

あと、一つ、最後に。
衣装と届いてるお花が可愛すぎた。
全てがセンスの塊。
さすが今の流行を作るもの、正真正銘のアイドル。
特に、美人百花からのユリが、とても美しかった…そらそうだ。雑誌名、美人百花なんだから…。

 

とりあえず、今から帰って。

相葉雅紀見よう。話はそこからだ。